SSLを導入していないと順位が上がらないのか?という疑問があるでしょう。

実際に私の見解はSSLを導入していなくてもある程度は順位は上がります。実際に上がっています。

では、どうしてSSLをというのか?それはGoogleが勧めているからというのではなく、データ通信の暗号化という意味あいです。

もし、GoogleがSSLを導入していないものに対して警告ようなものを出す理由はSSLを導入していなくても順位がある程度上がることを意味するのです。

サイトの安全性が担保されていることがコンバージョン獲得にとっては必須なので、SSLが必要だということなのです。

SEOの施策


SSLを導入していない場合はどうなるのか?

もし、あるキーワードで順位が上がっていてもそのサイトの該当ページをクリックする人がSSL導入されているページと比べると少なくなるということなのです。

順位を上げることが目的ならSSLは意識しなくてもいいかもしれませんが、「SEOの目的はコンバージョン獲得」ということであれば、SSLは必須なのです。

Google検索アルゴリズムのコアアップデートでの順位低下の対処法


SSLだけでなく、順位を上げることが目的ではなく、コンバージョン獲得が大切です。

SSLに関わらず、コンテンツ作成においても順位を上げることが大切なのではなく、コンバージョン獲得が大切であることを忘れてはいけません。結局何が大切で、何をすべきかを見失います。

SEOに被リンクは大事?


関連:SEOに関わる疑問

大阪などの地域限定キーワードでのSEO

SEO対策の事例(地域限定キーワード 飲食店、美容室、葬儀屋、不動産業者など)

SEO対策の事例(メーカー、システム会社)