9月10日、日経新聞によるとGoolgeが国ごとに検索サービスの最適化を行うと伝えられています。

ポイントはアジアの主要国での検索ニーズに対応するためで、各国の市場に特化した開発チームを日本、インドから次々に展開する予定。

日本ではすでに2021年から専任チームを設立を決定させ、対応にあたっています。

これらの根本にはGoogleの検索サービスにおける成長の鈍化があります。これからも人口が増え、利用者が増えるとされる東南アジア市場での売り上げを考えているのでしょう。

Googleの日本での開発強化例

地図サービスと拡張現実(AR)の融合によるサービスを考えており、すでにスマートフォンのカメラ映像に地図のルートを重ねて表示する機能を付加しています。今後もAIとARを活用したサービスを展開するのだろう。

今回Googleの検索サービスの最適化について

ざっと私が日経新聞を見る限りはGoogleの検索に付随するサービスに関するもので、Googleの検索アルゴリズムに関わるものではないよう感じます。

ただ、Googleの検索において、日本での検索ワードは少ないため、本当に必要な情報にたどり着きにくいという傾向があり、そのための改善策として、検索ワードの追加の候補を増やすなどを挙げています。(サジェストの数を増やしている)

実用的な利便性を考えた対策と言えます。逆にいうと日本における検索での必要な情報へのリーチの確度は低いので、それがビジネスチャンスにつながる可能性があるということかもしれません。

SEOにおいてはこれを考慮したキーワード戦略が大切だということです。

「Googleの検索ワードで必要な情報にリーチしにくい」ということはSEOにおいて基本であるコンテンツ記事を本当に必要な情報を増やすということを徹底するとアクセスやコンバージョンに変化が見えるかもしれません。

どうしてGoogle検索を国別に最適化するのか?

ここではGoogleの経営戦略の意味ではなく、技術的な話としては各国でGoogle検索を利用しているが、その際の検索ワードに対する入力の癖があること、そしてそれは言語が異なることが原因の場合もあります。

国民性というよりは言語によるものが大きいかもしれません。国別にそれらをもう一度見直し、国ごとにGoogle検索の仕組みを考えるということなんだろう。

利用者にとってより良いGoogle検索を模索するということで、そのためには国ごとに最適化するということなのです。

関連:SEOとコンテンツ作成 – インターネットでの集客(SEO等)、ウエブマーケティングのTKT (tkt-group.jp)

大阪などの地域限定キーワードでのSEO

Google検索において画像と文字の組合せ検索強化