2022年5月26日よりコアアップデートが開始されましたが、6月中旬に収束しました。

今回のGoogle検索アルゴリズムのコアアップデートデートで動いたもの

  1. ドメイン自体に意味があったサイトにおいてその意味によるかさ上げが少なくなった。
  2. また、1.サイトからのリンク、引用によって評価されていたサイトも評価が下がりました。
  3. 一ページのコンテンツが少ないサイトの評価が下がっております。(ただし、ユニークなコンテンツとして評価されたものは除く)
  4. ページ数が比較的少なく、かつ内部リンクが少ないサイトの評価が下がっております。
  5. 被リンク、引用において価値の低いページからのポイントを下げています。
  6. サイトの運営者が明確でないサイトは評価を下げています。
  7. E-A-Tの評価を変更しています。(記事の専門性や記事投稿者の属性を評価しています。)

以上ですが、これはあくまでも私の分析で間違っていると思う方もいるでしょう。

コンテンツの質の改善

多くのサイトではGoogleの品質ガイドラインの以下の点に注意すべきとしています。

「Googleの基準E-A-Tは「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」であり、E-A-T の観点からGoogleのコンテンツ品質評価ガイドラインを確認することで、コンテンツの検討すべき改善点を見つけられるかもしれません。」

このGoogleのいう「E-A-T」をどこまでGoogleの思うようなものするのか?

Googleの思っているものは何なのか?を考える必要があります。

Googleの基準E-A-Tについて

上記のように「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」なんですが、では具体的には何なんだ?ということです。

抽象的すぎません?そうなんです。だからいろいろな解釈があるのです。

だからこそ、そのコンテンツぼ信ぴょう性を筆者を明確にしたり、日付を明確にしたり、引用を明確にするのです。嘘やいい加減なものは評価されないということだけは言えます。

一時的に評価されてもそのうちばれます。だからコンテンツ作成には時間をかけて、精査をしなければいけないのです。

専門用語を利用するのも、それだけの知識があるということを示すという意味あいでもあります。

今回のGoogle検索アルゴリズムのコアアップデートデートに対するSEO

Google検索アルゴリズムのコアアップデートデートで一番しなくてはいけないことはコンテンツの「E-A-T」という視点から問題ないのか?ということです。

そして、コンテンツの質、量が十分であるのか?ということです。

量というのはオリジナリティがあり、専門性のあるコンテンツが十分あるのか?ということだ。

SEOをするというのはそういうことだ。

順位が大きく下がったキーワードに関してはそれに対応するコンテンツの質、量を確認してみましょう。

また、そのキーワードに関する一番見てもらいたいコンテンツ、一番合致したコンテンツへの導線はどうなっているのか?を確認してください。

SEOにおいて、導線は非常に大事なのです。

関連:日々のGoogleの検索アルゴリズム変更 – インターネットでの集客(SEO等)、ウエブマーケティングのTKT (tkt-group.jp)

SEOについての考え方 – インターネットでの集客(SEO等)、ウエブマーケティングのTKT (tkt-group.jp)

Google検索を国別に最適化

Google検索アルゴリズムのコアアップデートでの順位低下の対処法