SEOを単に考え、キーワードの順位を上げようとするなら、キーワードを用いて検索する人の意図、必要としている答えを想定することが、現在のGoogleのアルゴリズムにおいて評価を上げる方法であります。

その際にその答えを想定したコンテンツの信頼性は必須なのです。そして、そのページの信頼性、ドメインの信頼性を評価しているのです。

これらをすべて最高ランクに評価されるようなものを実現することがSEOということになるのです。

そのためには、Googleの提唱しているE-E-A-Tは必要な要素ではあります。

検索の多くはどんなことを考えているのか?、どんな人にコンテンツを観て欲しいのか?という両面からコンテンツを作成する必要があります。

上記のE-E-A-Tを網羅したコンテンツは必然的にGoogleの条件を満たすものとなるのです。

では、具体的にはどうしたらいいのか?

①検索者には経験、事例に基づいた情報を欲しいと思っているようなことも多く、それらをコンテンツに落とし込む

②このコンテンツは本当なのか?の心配がないような状況にする。(筆者などを明記)

③より専門的な情報を掲載する。これはいろいろなトラブルで改善しない場合にはより専門的な情報が必要となる場合もすくなくありません。そのため、問題を解決するために必要な専門的な情報が重要なのです。

④コンテンツの信ぴょう性として特許、論文などを基にしたものか?などを明記する。

コンテンツに付随するいろいろな施策

コンテンツが上記を満たすだけではなく、利便性やページの評価を考える必要があります。

これは同時に不要なリンクが減り、アフィリエイトサイトの排除ということにもなります。

具体的な施策としては以下のものがあります。

①不要な内部リンクを減らす。

②コンテンツの意図を考えた内部リンクの設置

③コンテンツからの不要な外部リンクの設置

その他の注意点

①コンテンツの更新

②外部リンクを得られるような仕組みを考える


関連:またまたコアアップデートが(2023/11/3)

コアアップデートが2023/10/6にロールアウト(開始)

コンテンツ作成でのSEO対策の効果がゆっくりな理由