SEO対策において地域限定キーワードで行う場合はリアルビジネスで地域に根差しているものが多い。多くは飲食店であったり、美容室であったり、葬儀場だった、不動産業者だったりします。

それらの事例を紹介します。


「日本料理 大阪」でのSEO対策事例

例えば、「日本料理 大阪」というキーワードで順位を上げたい、SEO対策をしたいとなると、食べログであったり、大阪での日本料理を網羅したランキングサイトが上位にきます。それはある店舗の情報では十分な情報を掲載しても、ポータルサイトであったり、ランキングサイトほどのコンテンツボリュームができないからです。

では、どうしたらいいのか?大阪で日本料理店を経営しているなら運営サイトにおいて料理の写真をやメニューを数多く掲載すること、そしてその際にインスタグラムと連動させることです。そして、毎月のランチ、ディナーのメニューを掲載したままにし、ページを爆発的に増やす仕組みをつくることです。例えば、時々、こだわりの食材の写真を掲載することです。

日本料理のある料理で使う、食材のメニューを掲載することです。ただ、そういうことを繰り返すと実際問題はすべての食材を紹介してしまい、真似をされてしまいます。だから、難しいのです。

そう考えると単に料理の写真とメニューぐらいになるでしょう。そうなるとSEO対策での効果も限定的になるかもしれません。

SEO対策を成功させたい企業へ


「葬儀 大阪」でのSEO対策事例

「葬儀 大阪」というキーワードで順位を上げたい場合を考えてみましょう。こちらは飲食店と違い、違った難しさがあります。それは何か?というとそれは葬儀屋は飲食店ほどないので、ある程度の地域の広さを表現する「大阪」と言ったものでは競合が多いのですが、「門真市」「八尾市」のような地域を表現するワードの場合はそれなりの葬儀屋のサイトを作っていると勝手に順位は20位以内に入ってきます。殆どの場合は10位以内に入ってきます。では、これらのキーワードの場合はSEO対策といっても順位を上げることよりもコンバージョン獲得を意識したコンテンツ作りが大切です。また、動画を盛り込むことで訴求効果が大きくなります。

言い換えるとより信頼度を得られるようなサイト、知りたい情報を網羅したサイトにすることが一番なのです。そうすることで結果的にある程度、競合サイトにも勝ってしまいます。

「大阪」など広いエリアを示すようなキーワードの場合も知りたい情報をよりわかりやすく、多くコンテンツとして盛り込むことがSEO対策の必須条件となるでしょう。

SEOとリアルビジネス


「賃貸 大阪」でのSEO対策事例

「賃貸 大阪」というキーワードについて考えてみましょう。この場合はハッキリ言って難易度半端なく高いです。大阪府内にどれくらいの不動産業者があるのか?そして、日本を代表するポータルサイトがどれくらいあるのか?を考えてみるとわかるでしょう。実際に検索すると多くはポータルサイトの大阪に対応するページでしょう。大阪の地の不動産業者で順位を上げるのが難しいことがわかります。では、大阪府の中小の不動産業者がSEO対策をすることは無駄なのか?というとそうではありません。コンテンツとして、賃貸物件数を増やすこと、そして大阪の駅、市ごとの情報をまとめていることなど徹底的に行うこと、そして大阪の情報を網羅した賃貸物件情報を記載することでポータルサイトに勝つことがあります。

ただ、方策としては「賃貸 ××市」、「賃貸 駅名」、「賃貸 狭いエリア名」というようなキーワードを意識したコンテンツ作りで徹底的に作りをこだわりながらサイトを運営するといいでしょう。結果としてより多くのキーワードでの上位表示が可能になります。Youtubeなども考慮したものもコンバージョン獲得、そしてバリエーションを増やす意味でもいいでしょう。

SEOの手法はSEO会社によって様々


SEO対策と連動した動画、SNSコンテンツ

SEO対策として、有効なコンテンツのバリエーションとしてYoutube動画の埋め込みやインスタグラムとの連動は有効です。そして、より視覚的なものはリアルビジネスの場合には有効なことが多い。美容室や飲食店の場合は特にそうだ。

だからこそ、インスタグラムやTiktokなどを利用することが有効なのです。


関連:大阪などの地域限定キーワードでのSEO

SEO対策の事例(メーカー、システム会社)