現在のSEOというのはコンテンツが全てといっていいぐらいコンテンツが大切です。しかし、運営サイトの知名度、運営会社の知名度が高いと順位が上がりやすくなっているようです。

サイトの知名度はリアルビジネスの影響があり、運営会社の知名度もリアルビジネスの影響が大きい。運営サイトに関する記事が増えると順位が上がります。当然、そのなかには被リンクがあるものも含まれるからということはあります。

運営会社に関する記事に関しても同じだ。

リアルビジネスの有名な企業はいろいろな話題に出てきます。それはネット空間でも同じです。それにより知名度がより高まる。それを評価しているなら有名企業の方がキーワード検索で評価されると考えるのが普通だろう。

あるサイトにだけ掲載されている企業よりもいろいろなところで話題になっている企業の方が信頼されるということです。

SEOで成功するためにはネット空間だけで頑張るは間違い

『ネット空間でのいろいろな情報を鑑みて総合的』に、順位を決定している今のGoogleの検索アルゴリズムにおいてはネット空間だけに注力してもそれには限界だ。

あるサイト運営者が一生懸命ネット空間に多くのサイトを運営しても限界があり、SNSを利用しても限界があります。それはあくまでもビッグキーワードに関する話ではあります。

大手企業のような信頼度の高い企業のサイトが順位が上がりやすいような仕組みになっているのです。

一社が頑張るといってもリアルビジネスも含めて、知名度を上げるということをしなくてはSEOで得られる成果は限定的ということなのです。

SEOにSNSは重要

上にも書いたように多くの方に知ってもらうこと、いろいろなサイトでサイトについて、商品について、サービスについて、会社について、引用されることが大切なのです。

そう考えるとSNSでバズるってことはこれらのことを実現していることにほかならない。バズるとSEO的にも効果がある可能性はあります。ただ、信ぴょう性のないものは悪影響を及ぼす可能性はあります。

SEOを考える前にすべきことを考える

SEOを考えるとどうしても順位を上げたいと考える。そのためのリアルビジネスの連動を考えるだろう。

しかし、本当は、リアルビジネスをうまく生かすための情報配信をしているだけで、それがたまたまSEO的に有効だということなのです。だから、まずはホームページ、ブログ、オウンドメディアでの情報配信、発信を考えてください。

より多くの人に見てもらえるようなコンテンツ、記事を配信してください。そして、リアルビジネスの情報を知ってもらうことに力を入れてください。

リアルビジネスに連動したコンテンツ作成

リアルビジネスに連動させてコンテンツ作成することこそ、SEOに必要な外部サイトの引用、リンクに連動します。

だからこそ、リアルビジネスを可能な限り発信することが大切なのです。

関連:SEOについての考え方

SEOはどうしてCVRが高いのか?

SEOの手法はSEO会社によって様々 – インターネットでの集客(SEO等)、ウエブマーケティングのTKT (tkt-group.jp)