デジタルマーケティングって何?

デジタルマーケティングとは「インターネットや、デスクトップコンピュータ、スマートフォンをふくむ携帯電話、その他のデジタルメディアやプラットフォームなどのデジタルテクノロジーを利用して行うマーケティング」のことを言います。

デジタルマーケティングの要素

  1. SEO
  2. SNSマーケティング
  3. Youtubeなどの動画マーケティング
  4. メールマーケティング
  5. ウエブサイトによるマーケティング
  6. 有料検索広告(リスティング広告、コンテンツターゲット広告)

と言われています。

上記の要素、手法を利用して、よりコンバージョンの高く、よりコストパフォーマンスのいいマーケティングを考えることが大切なのです。

デジタルマーケティング導入での注意点

  1. もの、サービスにおける知らせるターゲットは誰なのか?
    ターゲットによって、どの手法が有効かは異なるため、手法の選択であったり、予算の比重を決める必要がある。
  2. コンバージョン獲得といってもどんなコンバージョンを求めているのか?を明確にする
  3. デジタルマーケティングの導入での目標値を明確にする
    売上であったり、資料請求数であったり、問い合わせ件数、SNSでの登録者、フォロワー数を設定する。
  4. 各要素、手法をそれぞれ同連動させるのか?どう関係づけるのか?

デジタルマーケティングって何がいいのか?

デジタル空間に触れない人は少ない。多くの人がスマートフォンを利用する、PCでインターネットを利用する。その際に利用者はいろいろな行動を起こします。それらの個性、特性をマーケティングにフィードバックすることでより高い成約を可能にすることができます。

より精度の高いマーケティングが可能になるのです。いろいろな要素を組み合わせることでより精度が上がると言われています。そのために、AIを利用し、分析するようなものもあります。

デジタルマーケティングの手法間のフィードバックで精度は上がる

デジタルマーケティングにおいていろいろな手法を組み合わせて運用することは多いでしょう。それらのマーケティングが得られる情報を分析し、それぞれの手法にフィードバックすることで精度は上がります。

そのためにAIを利用して分析の精度をあげることもできるでしょう。

例えば、サイトへのアクセス情報、検索キーワード情報からコンテンツ作成にフィードバックします。それによりコンバージョンが高いコンテンツを作成することができます。そして、そのコンテンツに関する動画を作成することで総合的に大きなコンバージョンを生むことが可能です。

また、SNSの口コミ情報から閲覧者が本当に必要な情報を探しだし、それを動画やウエブのコンテンツに落とし込むのもいいでしょう。

どうしてそこまでデジタルマーケティングを推すのか?

上場企業の決算の短信や上場企業の決算の資料に目を通したことがある方はわかるのですが、デジタルマーケティングに力をいれている企業が多いのです。他の企業がしている、または積極的に取り入れていくということなので、競合会社に勝つにはデジタルマーケティングをしないという選択肢はないでしょう。

営業力が強いと言われる企業のサイトやマーケティングを調査したことがあるでしょうか?見込み客を引き出す、お客様のニーズを引きだす仕組みがあるはずなのです。それをデジタルマーケティングが担っていると考えられるのです。

そのため、より精度の高い提案をする、本当に必要としている会社を探すためにはデジタルマーケティングは欠かせないものなのです。

デジタルマーケティングに関するQ&A

  1. Q:デジタルマーケティングは中小企業には無理
  2. Q:デジタルマーケティングは費用が高額か?

Q:デジタルマーケティングは中小企業には無理

A:デジタルマーケティングすべてを精度の高いもので実現するのは中小企業には難しいかもしれません。それはそれを指導するスタッフがいないこと、そしてそのための費用がかかることが原因です。

デジタルマーケティングの動画利用に関しても本を読めばいいと思うかもしれませんが、そのための戦略と言った意味で、企業間取引なのか?個人を対象にしたものなのか?で異なる注意点があると思いますが、一般的な本では個人を対象をしたもので、企業間取引に対するものは記載されていないかもしれません。

そして、サービス、商品による違いもあるので、戦略にはいろいろと考える必要が生じるのです。だから専門スタッフが必要なのです。

とはいっても何もしないではコンペティター、競争相手には負けてしまいます。デジタルマーケティング全般を実施しなくても可能なところだけでもする必要があるのです。

Q:デジタルマーケティングは費用が高額か?

A:デジタルマーケティングにおいて、いろいろなツールが提供されています。例えば、SEO、ウエブマーケティングに関するものであれば、キーワードの時系列での関連をAIで分析するようなもの。検索者の属性分析などです。

そのようなツールは月に数十万円というのも普通にあります。そして、それらを利用して分析を行い、コンテンツを作成するとします。そのコンテンツ作成費用を考えるとSEO,ウエブマーケティングだけでも高額になるのです。

そして、動画においても今、どんな動画が視聴されているのか?を分析し、動画を作成するとお金がかかります。

そうして、SNSでもお金がかかります。そして時間もかかります。

それらすべてを考えると大手企業、上場企業でないと完全に近い形で運用するのは難しいかもしれません。しかし、できるところから月十万、二十万円でも費用を変えてやるしかないのです。