デジタルマーケティング、ウエブマーケティングをするといってもコンテンツによる集客を考えるならコンテンツが評価されるような作りであるサイトでないとダメである。

サイトの構成がまずいといいコンテンツを書いても十分な評価がされない可能性があります。また、予想以上の評価が得られるというのはまずないでしょう。

では、どんなサイト構成がいいのか?

サイトの構成で大事なこと

サイトの構成で大事なことは、それぞれのコンテンツにできるだけ少ないクリック数でアクセスできるような作り、ユーザビリティの優れたサイト構成であることだ。

コンテンツを垂れ流しているようなサイトの場合は評価されるのは難しいだろう。Googleのクローラもデータの更新、取得を行う時点で末端のコンテンツまでたどりつきにくいでしょう。

少ないクリック数でたどり着けるというのはGoogleのクローラがそのコンテンツにたどり着きやすいということだ。

SEOという観点からも問題がないサイト構成

SEOのためという理由での怪しげなコードを書かないことが大切です。同じようなパーツが存在するようなものもできるだけ避けておくといいでしょう。

教科書的な作りのサイトで問題ないでしょう。カテゴリーわけも考えて、キーワードを含むようにしておくなどを考えることは必要だ。

そして、意外と抜け落ちているのが「見て欲しいページへの導線」を意識することだ。

これは非常に大切だ。

理想のデジタルマーケティング、ウエブマーケティングのための作り

これはコンテンツをあるルールに従ってではあるが追加するだけで、サイトが充実し、サイトの評価が上がるような作りです。具体的には上記のようなものだ。

そんな作りを持ったサイトなら、コンテンツ作成に注力することだけで、その後のアクセスはある程度は生まれるはずである。それが大事なのです。余計なことを考えなくてもいい。

コンテンツ作りに集中できるようなものを目指して作って欲しい。

サイトのSSL化も必須

サイトの構成とは別の話になるが、サイトのSSL化は必須である。データ情報の暗号化ということだ。改ざんを防ぐ意味でも必要なのです。これは契約しているサーバーとドメインの問題ですので、それなりのものを利用しておくといいだろう。

関連:SEOはどうしてCVRが高いのか? – インターネットでの集客(SEO等)、ウエブマーケティングのTKT (tkt-group.jp)

検索エンジン連動型広告、リスティング広告でCVを上げる – インターネットでの集客(SEO等)、ウエブマーケティングのTKT (tkt-group.jp)