オウンドメディアの運営で大切なこととして大事なことがあります。

  1. 古いコンテンツに対して、現状との齟齬が発生した場合には修正する。
  2. 日々新しい情報を発信する
  3. オウンドメディアの利用者が必要としているコンテンツを作成する
    専門性が高いものや必要性の高いコンテンツを作る。
  4. 各コンテンツの信ぴょう性や信頼度を高めるための記述に気を配る

上記のことを実現するためには日々、内容をチェックする人材が必要になることが多い。そして、より必要とされている内容を見つけるためのアンテナを張っておくことも大切だ。

そう考えると、『これらを実現するためにはある程度のコストが必要である』と考えないといけない。

日々更新し続けることが非常に大切であることを念頭に運営してください。

より必要とされるコンテンツを作成するために

多くの場合は、サイトへのアクセス状況やアクセスされたキーワードの関連ワードを確認する必要があります。

では、どのようにしてサイトへのアクセス状況を把握し、検索エンジンからの検索ワードの関連ワードを探すのか?

  1. サーチコンソールの「検索パフォーマンス」から情報をダウンロード、確認する。
  2. Googleのアナリティクスなどのアクセス解析ツールを用いてサイトへの流入の情報を確認する。
  3. 検索ワードに関する時系列のデータなど、関連度を提供するツールを利用する。
    月額の費用が発生します。そのため、ツールを利用せずに、サーチコンソール、Googleのアナリティクスを利用し、関連ワードを推測するということをしているものも多い。

オウンドメディアにおいてアクセスが思ったほどでない時

オウンドメディアを運営して、思ったほどアクセスができないという場合があります。その理由は様々です。

その理由は以下のことが考えられます。

  • オウンドメディアの運営期間が3か月未満である。
  • オウンドメディアに掲載されている記事数がすくない。50記事以下である。
  • オウンドメディアにおけるプラットフォームが検索エンジンに優しくない、フレンドリーでない。
  • モバイルフレンドリーでない。
  • オウンドメディアの内容、コンテンツがありきたりで、利用者にとっては必要がないものである。
  • セキュリティ問題、SSL化がされていない

上記のようなことは一例でいろいろな問題があります。オウンドメディアを運営し始めてすぐにアクセスが出ると思っている方もいますが、そうではありません。知名度が必要なのです。そのためには広告も必要かもし知れませんし、プレスリリースも必要かもしれません。そして、リアルビジネスでの告知も必要かもしれません。

知名度がないとなかなかアクセスしてくれません。アクセスしてくれる場合は必要性がある場合に検索によってリーチされた場合です。それを実現するには本当に必要とされるコンテンツであることは必須です。

そんな記事、コンテンツを増やす必要があるのです。

オウンドメディアのアクセスを大幅に増やすには

上記のような問題があるとなかなかアクセスは増えません。そこで、根本的にアクセスを継続的に増やす方法として『検索エンジンフレンドリー』にすることが挙げられます。

『検索エンジンフレンドリー』つまり、SEOの内部対策の工夫をするのです。具体的には何をするのか?

  • コンテンツ間のユーザビリティを考えた内部リンクを追加する。
    関連項目や関連記事へのリンク、パンくずリスト
  • コンテンツ間の関連性を重視した導線を考える。
    無秩序な内部リンクはサイトからの離脱を増やします。そのため、どのページを見て欲しいのか?を考えた導線を設置する必要があるのです。
  • 絶対に必要と感じるようなコンテンツの割合を増やすこと

関連:デジタルマーケティング – インターネットでの集客(SEO等)、ウエブマーケティングのTKT (tkt-group.jp)

SEOについての考え方 – インターネットでの集客(SEO等)、ウエブマーケティングのTKT (tkt-group.jp)

インフルエンサー集客(Youtuber、tiktoker、instagramerによる集客)