昨今のマーケティング戦略においてオウンドメディアの利用は隆盛を極めています。コンテンツマーケティング、ウエブマーケティングを考えることとオウンドメディアの作成、運用と同義と思えるぐらいだ。

では、どのようにオウンドメディアを利用してコンテンツマーケティング、ウエブマーケティングをするのか?ということが問題だ。

オウンドメディアを本当に必要な情報、知りたい情報をいかに網羅したものにするのか?ということだ。

知りたい情報というのはもしかしたらニッチな情報であったり、殆どの方には必要がないが、トラブルや必要性からどうしても必要な情報かもしれない。

オウンドメディアは観てもらうためのもの

オウンドメディアは観てもらえないものなら必要はありません。より多くの人、必要としている人に見てもらえるものでないと意味がない。では、そのために必要なものは何なのかか?

  1. モバイルフレンドリーであること
  2. 検索エンジンに優しいこと、フレンドリーであること
  3. 情報が古くないこと
    情報が日々が更新していること

上記のようなことが必要になります。

その中でも、1.はGoogleも指摘していることです。そして、2.は検索エンジンを利用して、必要とする情報にリーチできることです。3.は必要な情報と思ったものが古くて意味がないものでないことを指します。

検索エンジンに優しいこと、フレンドリーとなることはSEOと同義?

「検索エンジンに優しいこと」は上記のように「必要とする情報にリーチできること」と定義するなら、Googleにインデックスされ、評価されることが必須です。さらに、検索で見つけてもらいやすくすることは「SEO」と同義に近くなります。

この「SEO」というのは”最適化”というよりも”検索エンジンでの検索で見つけてもらいやすい”という意味合いです。ある程度上位に表示されることなのです。一番、二番を目指しているようなものではありません。

オウンドメディアにSEOの要素が必要

オウンドメディアにはSEOの要素がプラットフォームとして常備されていないといけないということになる。

「プラットフォーム」という書き方をしたのは記事をある基準、あるルールで投稿、コンテンツ追加をするとある程度評価されるという意味で書いています。更に、「常備」というのは”常に備わった機能”という意味相です。

ある記事投稿ルールとコンテンツ追加ルールというは非常に大切なのです。それはGoogleのいう、ユーザビリティというものに関連するものでないといけません。

コンテンツ作成、記事投稿のルール

コンテンツ作成時に気をつけるべきルールというは何があるのか?ここでは箇条書きします。

  1. 一ページの文字数、コンテンツ量は2000文字以上となることが望まれる。
  2. ユーザビリティを無視したコンテンツとしない。適度なリンクを設置する。
  3. 専門性があるコンテンツであり、さらに検索者が必要であろうコンテンツである。
  4. 信ぴょう性や信頼度を高めるための記述を意識する。

関連:SEO対策は意味がない? – インターネットでの集客(SEO等)、ウエブマーケティングのTKT (tkt-group.jp)

SEOとコンテンツ作成 – インターネットでの集客(SEO等)、ウエブマーケティングのTKT (tkt-group.jp)

インフルエンサー集客(Youtuber、tiktoker、instagramerによる集客)