SEOの手法に決まったものはあるのか?

SEOの手法に決まったものはない。それは日々、Googleの検索アルゴリズムが変更されていることから考えるとわかるでしょう。SEOとは検索エンジン最適化ということだが、最適化するには日々変化するアルゴリズムに対応しなくてはいけない。つまり、本当の意味でのSEOをしようとするなら日々、変化する必要があるのです。

SEO会社が取るSEOの手法のパターン

SEO会社がとるSEOの手法のパターンは2つあります。一つはE-A-Tを考慮したコンテンツに重きを置き、どんなコンテンツが評価されやすいのか?を考え、コンテンツを作成することで順位を上げるというもの。

もう一つは、運営しているいろいろなサイトの順位変動をチェックしながら、サイトの構成やコンテンツの質を比較し、テクニカルな面からSEOを行うパターンだ。こちらはサイトの作りとコンテンツの質、量を他のサイトと比較しながら、統計的に評価しているものだ。

後者のパターンは分析に時間がかかり、サイトのいろいろな側面から評価するため、コストがかかり、分析力を必要とします。

そのため、多くSEO会社、または集客のためのホームページと言っている会社は前者の手法を行っています。

後者の手法から導き出された手法、修正、コンテンツ作成を考えるSEO会社、マーケティング会社は少ないでしょう。

より正確な意味では後者の手法がいいのであるが、Googleの検索アルゴリズムは公表されていないため、分析にも限度があり、難しいとは思う。

同じようにコンテンツを作っても順位は異なる

手法が異なると、同じようにコンテンツを作っても順位が異なることはあるだろう。単にコンテンツを作っても効果はでないが、具体的にアプローチとして、E-A-Tを意識してコンテンツを作成し、ユーザビリティ、導線にも注意を払うことで効果が上がるかもしれません。

どんなSEO手法がいいのか?

これはハッキリ言ってペナルティを受けにくく、Googleの検索アルゴリズムの変更にロバストな手法です。ロバストというのはGoogleの検索アルゴリズムの変更の影響を受けにくいものです。

ただ、それは裏返すと検索エンジンのアルゴリズムへの感度が低いということで、順位を大幅に上げるのも難しくなるのです。

順位を大幅にあげながら、アルゴリズム変更にロバストであるという相反するものを共になすことが理想なのです。

関連:SEO対策は意味がない? – インターネットでの集客(SEO等)、ウエブマーケティングのTKT (tkt-group.jp)

SEOについての考え方 – インターネットでの集客(SEO等)、ウエブマーケティングのTKT (tkt-group.jp)

大阪などの地域限定キーワードでのSEO