Google品質ガイドラインを更新され、E-A-Tの概念が更新されてE-E-A-Tになりました。

12月15日、Googleは品質ガイドラインを更新しました。


今回のGoogleの品質ガイドライン更新でのポイント

  • 「E-A-T」から「E-E-A-T」と変更になり、経験(Experience)が追加になりました。
    (E-E-A-Tは、ダブルイーエーティーと呼びます。
  • コンテンツ制作者が、そのコンテンツに関する実体験や、人生経験を評価。コンテンツに関してどれくらいの経験をもっているのか?を評価する。
  • Trust【信頼】も重要な要素と記載されました
    信頼は、E-E-A-Tで最も重要な要素とされています。

SEOに関わる疑問


「E-E-A-T」の意味

「Experience(経験)」

「Expertise(専門性)」

「Authoritativeness(権威性)」

「Trustworthiness(信頼性)」

の頭文字をとっています。

つまり、経験に基づいた専門性、権威は最強で、それに基づいた信頼性は評価に値するということだ。

デジタルマーケティング、ウエブマーケティングはサイトの構成から


今回のGoogleの品質ガイドライン更新での対応

従来と大きく変化はなく、今までのコンテンツにおいて、経験に基づいて作成されたコンテンツを評価するようになるということだ。経験がなく、単に調べて羅列したコンテンツには評価はない、または少ないと考えるということだ。

ただ、調べて、勉強したものとそうでないもの、つまり経験に基づいたものをどう判断するのか?は今はわからない。

SEOにおいては以前と大きな変化は必要ないと考えています。


関連:日々のGoogleの検索アルゴリズム変更

SEOは無駄?Googleの検索アルゴリズムのAIに勝てる? – インターネットでの集客(SEO等)、ウエブマーケティングのTKT 大阪、東京、神戸 (tkt-group.jp)